プロフィール

エース12

Author:エース12
エース12のブログへようこそ。
脳幹出血で倒れて17年経ちました。
車椅子生活で、リハビリをボチボチやりながら毎日のんびり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

倒れて20年目になりました。

3月31日が過ぎました。
この日は私が1999年の朝通勤中に、脳幹出血で倒れた日です。
まだ子供が小さくて仕事もこれからという時に、あれからもう19年過ぎて20年目に突入しました。
これまで生きてこられたのは、ひとえに私のなせる業です。
いいえ、嘘です。
面と向かって言うと照れくさいけれど、介護をしてくれる妻の力です。
私が倒れた時、子供が小さいし、マンションのローンも残っていたし、仕事はなくなったし、妻は途方にくれたことでしょう。
それが、20年目に突入して、有名人の何人かは、同じ病気で何日か生きていて亡くなったと聞きます。
それに比べると、私はよほど悪運が強いと見えて、19年も生きました。
私は倒れた時死んだと思っていますから、来年でハタチになります。
二度目の成人式です。
昨夜、夜桜の見物に行きました。
この季節になると、昨日のことのように1999年3月31日を思い出します。
脳幹出血で倒れて、19年後の桜を見ているなんて、私も想像していませんでした。
まだ生きているお蔭で、自分の子供の成長や、自分の親の死や周りで起きていることを、体験できます。
これからも色々、体験してみたいです。


sakura


1522659692970.jpg
スポンサーサイト

雛人形

投稿が遅くなってしまいましたが・・・
19年ぶりに雛人形が飾ってありました。
私がショートに行っている時、家に帰って来ると段ボール箱が積んでありました。
毎年3月になると気にはしていたのですが、押入れの天袋に入れっ放しでした。
でも少しも、傷んでいませんでしたよ。
最後に飾ったのが、1999年3月娘が小学1年、息子2歳です。
雛人形を出すのは、私の仕事でしたから、私が倒れて飾ることができなくなったこともあると思います。
現在では、マンションタイプのガラスケース入りの、お内裏様とお雛様が主流です。
うちは7段飾りの大きいタイプで、雛人形出してしまうと一部屋潰れます。
久しぶりすぎて飾り方を忘れて、妻と娘二人で半日かかって飾ったそうです。
息子は家に雛人形がしまってあるのを知らなかったみたいです(笑)
そう言えば、唯一証拠としてあるのが、ちょうど倒れた年に最後に私が出した雛人形の前で、小さい二人が一緒に写った写真があります。

雛人形には色々な意味があるみたいですが、娘の幸せを願っています。

1520642026003.jpg

さよなら大将

私が仕事をはじめた二十歳頃から結婚するまでほとんど毎日のように通っていた、飲み屋(豊後)の大将が1月末に亡くなりました。
私は車椅子だから遠慮して妻がお通夜に行ったけど、妻が大将に私を会わせてやりたいと大将の奥さんに言ったら「最後に大将の顔をみてやって」と言ってくれたのでお通夜が終わってから会いに行きました。
私が倒れて3月で19年経つから、約20年ぶりです。
写真では、妻が撮った元気に店に立っている大将を見ていたけど、何年もご無沙汰していました。
やっぱり、昔の大将を想い出し辛かったです。
とても安らかな顔で、今にも起きて酒を飲みそうでした。
原因が、肺がんでステージ4だったらしいです。
92歳の大将のお母さんがいました。
親より先に死ぬなんて、大将のお母さんが凄く可哀想でした。
とにかく色々と辛い、20年ぶりの再会。
直前まで自分の店で大好きな酒を飲み、がんを酒で消毒するんだと言っていた大将。
がんを患っていても店にいると元気になるらしく、つい最近まで店にでて、ついに声も出なくなり、病院に入院して2日で亡くなったらしいです。
大将の年齢はよく知らないけど、確か67歳位だったと思います。
まだ若かったので残念。
大将の奥さんが気丈に対応してくれていたのが、とても印象的でした。
なんでも美味しかったけど刺身、鍋、石焼ビビンバが特に美味しかったです。
ご冥福をお祈りいたします。

謹賀新年

昨年中はお世話になりました
今年も宜しくお願いします。

年末、私も年だなぁ、と思いました。
1か月くらい前から、徐々に腰の痛みが酷くなり、大晦日は車椅子に座っているだけで酷く痛み、我慢ができないほどでした。
いつも来てくれるマッサージの先生に腰が痛いと言って、年末は普通のマッサージ「リハビリ」より、腰を治すためのマッサージをやってもらいましたが30日から年末の休みになってしまいました。
お正月は2日に、妹家族が来ることになっていて、私の腰の痛みでとてもじゃないけど、断ろうかと思っていました。
最後の望みで少林寺をやっていて、体の治療もやってくれる、15,6年前私が倒れた時も治療にきてくれた妻の従弟のことを思い出して治療(操体法)を頼みました。
突然の連絡で驚いていたみたいですが、すぐ家まで来てくれました。
その効果で、大分楽になり新年を迎えることができました。

聴力

私は、左の耳が聞こえませんでした。
なんかいつも、ザーッという感じが聞こえているような感じがしていて、飛行機に時々乗った時、右耳が空気の圧力や音を感じても、今まで左耳は、全然感じることはありませんでした。
それが最近、かすかではありますが左耳が聞こえるようになってきました。
左耳の近くの髪の毛を触っても今までは何も聞こえませんでしたが、最近よく聞こえるようになりました。これなら、骨電動スピーカーも試してみる価値があるのではないかと思いました。
私は死ぬまで、ステレオ音を感じることが無いのだろうと思っていました。
倒れて18年、もう58歳になりました。
時すでに遅しという感じもありますが、やっぱり嬉しかったです。
永く生きていれば、なんか良いことが起きるものですね。
これからも、なんか良いことが起きるのではないかと楽しみです。
今までヘッドホンを買ってきて、片一方だけで音楽を聞いていましたが、これからは右も左も使えそうです。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ