プロフィール

エース12

Author:エース12
エース12のブログへようこそ。
脳幹出血で倒れて17年経ちました。
車椅子生活で、リハビリをボチボチやりながら毎日のんびり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

聴力

私は、左の耳が聞こえませんでした。
なんかいつも、ザーッという感じが聞こえているような感じがしていて、飛行機に時々乗った時、右耳が空気の圧力や音を感じても、今まで左耳は、全然感じることはありませんでした。
それが最近、かすかではありますが左耳が聞こえるようになってきました。
左耳の近くの髪の毛を触っても今までは何も聞こえませんでしたが、最近よく聞こえるようになりました。これなら、骨電動スピーカーも試してみる価値があるのではないかと思いました。
私は死ぬまで、ステレオ音を感じることが無いのだろうと思っていました。
倒れて18年、もう58歳になりました。
時すでに遅しという感じもありますが、やっぱり嬉しかったです。
永く生きていれば、なんか良いことが起きるものですね。
これからも、なんか良いことが起きるのではないかと楽しみです。
今までヘッドホンを買ってきて、片一方だけで音楽を聞いていましたが、これからは右も左も使えそうです。

スポンサーサイト

コミュニケーション

最近、デイサービスなどでお年寄りと徐々にコミュニケーションがとれるようになりました。
話がしたくても、文字盤では皆さん文字を忘れてしまいます。
今までは皆さんが興味のある話をしていても、私が話に参加してもどうせ会話ができないから迷惑かけると思って、殆ど黙っていました。
だから若い職員さんに通訳をしてもらいながら、お年寄りと話をしていました。
やっぱりちゃんと会話ができないと、コミュニケーションをとるのは難しいと思います。
コミュニケーションがとれるというのは、徐々にカラオケの成果が、出てきている気がします。
実は数日前にも、昔の仕事のお得意さんと、カラオケに行ったんです。
彼はすごく歌が上手くて、夏の終わりのハーモニーをハモってくれました。
倒れてから介護保険ができ、デイサービスに通いだした頃は42歳、周りのお年寄りとは30歳から40歳くらいの年の差がありました。
今では自分もあと2年で還暦、皆さんと年が近くなってきました。
話も合うようになったのかもしれません。
色々な人生経験をしてしっかりした人もいますので、勉強になります。

写真は私が通っているデイサービスが、配達してくれたマツタケご飯の弁当です。
ここのデイサービスは、デイサービスの利用日じゃなくても、本人は勿論家族の食べる分まで宅配してくれます。
今回初めて頼みました。
一つはキザミ食になっていて、妻が喜んでいました。

1506430928394.jpg

カラオケリハビリ

家族とカラオケに行ってきました。
倒れてから一度皆でカラオケには行ったことがありましたが、昔歌っていた歌も思うように歌えないので、殆ど聞き役でした。
カラオケの次の日、なんか口の動きが軽くなった感じがしていました。
妻が
「お父さんの言葉が、凄く分かりやすくなっているよ。」と娘に伝えていました。
今まで言語療法の先生は、
「ゆっくりとくぎって1語1語発音すると、伝わりやすい。」
と言っていました。
まだ、スムーズにとまでは行きませんが、確実に今までより言いたいことが、人に伝わるように変わっていました。
昔カラオケが好きだったので、音程やリズム感は少し憶えていました。
しかし、あまりにも自分の声が変わってしまいどの曲も歌えなくなり、恥ずかしさもありカラオケは意識的に避けていました。
そんな私でも家族で行けば、歌を間違っても恥ずかしくありません。
酒よ、I LOVE YOU、糸、夏の終わりのハーモニー、東京、みちのくひとり旅 など沢山歌い、マイクを独り占めしていました(笑)
家に来てもらっている、マッサージの先生にこのことを話したら、歌を歌うというのは私のような病気の場合、病気が回復するのに非常に良いことらしいのです。
これから、普通の言語療法とカラオケリハビリを併用しながら、必ず喋れるようになりたいと思っています。

1499934683270.jpg

意外なお客様

自分の部屋で夜テレビを見ていると、頭と照明の間でくるくると円を描きながら、飛んでいる物体があるのに気が付きました。
一瞬大きな蛾かなと思いましたが、飛んでいる姿を見ていると鳥のようにも見えます。
私は叩き落してやろうと、ティッシュペーパーの箱を振り回しました。
目が悪いので、当然当たる訳ありません。
箱を振り回している時に気味が悪くなり、隣の部屋のリビングルームに非難しました。
その隣の部屋には娘が転寝していました。
普通には妻を呼ぶのですが、その時に限って妻は同窓会で出かけていて、私と頼りのない娘と二人だけでした。
娘は小さい頃から、虫や平和の象徴であるハト等の、鳥類が大嫌いです。
なかなか起きない娘を起こしたのですが、娘が見るには、
「カーテンの上にひし形のやつが止まっている。」
らしいです。
「あっ!飛んだ!気持ち悪い!」
「お父さん、虫じゃないよ!」
と娘が言いました。
そのうち、妻が帰ってきました。
妻は、
「同窓会でカラオケに行って、気持ちよく帰ってきたら・・・」
とブツブツ言いながら、部屋を覗いていました。
「大きいのが飛んでいるよ!」
私は、
「コウモリじゃないか?」
と言いました。
二人もあとに続いて、そう言いました。

それから二人(妻と娘)が、インターネットでコウモリの追い出し方について調べていました。
どうもコウモリが迷い込むということは、幸運を運び込むらしいです。
クーラーからや1センチの隙間があれば、コウモリは入るらしいです。
部屋から追い出すには、バルサンか蚊取り線香でいぶり出すと効果があるらしいです。
バルサンを使うと、火災報知器がなる恐れがあるので、蚊取り線香になりました。
夜中過ぎているのに、蚊取り線香を妻と娘が買いに行きました。
妻は蚊取り線香の、セットの仕方が分からないようでした。
私は田舎者なので、分かります。
しっかりと目張りをして、私の部屋の窓を全開にし、最初鳴き声みたいなのが聞こえましたけど、聞こえなくなりました。
夜中の、4時過ぎまでかかりました。
コウモリがさっきまで飛び回っていた、いやまだ何処かにいるかもしれない部屋で寝るのは、あまり気持ちの良いものではありませんでした。

デイサービス

私は、デイサービスは3か所行っています。
リハビリがシッカリできる所などそれぞれの良い所があります。
金曜日、土曜日、日曜日は3日間同じデイサービスを利用しています。
ここは延長保育みたいにやってくれて、夕方7時位?まで利用者の希望によっては利用できます。
介護をしている人が仕事を持っている場合は、便利な制度だと思います。
夕飯まで食べさせてくれるし、家まで送迎してくれますよ。
私も2,3回利用したことがありますが、快適でした。
好きなことを、やれました。
といって、普段から好きなことはやっていますが(笑)

デイサービスを決める基準として、他の施設より良い部分が一つか二つは必要だと思います。
施設の昼食一つとってみても、何処かでまとめて作り、冷たい食事を誰でも簡単にできるように温めるだけで済ませて出す施設もあります。
私は、食事にはこだわって施設を決めています。
今利用している施設の中で、好みはあるかも知れませんが食事のセンスが一番あると思います。
私は刻み食を食べていますが、刻み食やペーストみたいにすると量が減りがちに見える場合もあります。
でも、その施設は違います。
食事の量が同じか、逆に増えて感じるのです。
家族用の食事も頼むとお弁当にしてくれ、持って帰れます。
高齢になって食事を作るのが大変な家もあると思うのでいい制度だと思います。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ