プロフィール

エース12

Author:エース12
エース12のブログへようこそ。
脳幹出血で倒れて17年経ちました。
車椅子生活で、リハビリをボチボチやりながら毎日のんびり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

先日、夜寝ていた時に久しぶりに夢をみました。
脳幹出血を発症して、夢をみることはそう何回もありませんでした。
仕事を辞めて、14年経とうとしているのに、仕事で失敗をして どうしようと考えている夢でした。
私の仕事は、合成樹脂の金型製作をする事でした。
小さい会社だったので、製品の図面を渡されて全く逆の形を想像して、パズルみたいに組み合わせてセミの抜けがらのように鉄に製品の空間をあける設計をし、材料を発注し一人で金型を製作し、発注元の会社に収めるまでをやっていました。
発注元の会社では、私の造った金型を大きな専用の機械に付け圧力をかけて閉じて、ドロドロに溶けたプラスチックを流し込み固め、開くと図面の製品がコロッと出てきました。
私のいた会社は、細かい仕事を得意としていました。
人が普段見ないような自動車のエンジンの中の部品、カメラの部品とか電化製品の部品などです。
内製部品と言って小指の爪ほどの大きさの中に1000分の5ミリ単位の複雑な形で入り組んでいて、押し出しをして製品を取り出す為に 途中で最初に凹んだ箇所を抜かないと取れないような形で、そんな時はそのような設計をしました。
丁度プラモデルのようなもので、あれの工業用のものと考えてもらえばいいです。
その仕事で材料を削り過ぎて、どうしよう!おやじ(社長)に怒られる!どうやって直そう!と思い悩んでいる夢でした。
それが、おやじという人は気が弱いのか知らないけど、怒らなくてたらたら嫌味ばかり言うのです。泣きそうな顔で、相手に聞こえるか聞こえない小さな声で「これでは、納期に間に合わないなあ」と家に帰って暫く工場に帰って来ないのです。
仕事を辞めて14年、懐かしい夢でした。
夢でよかったと思いました。


しだれ桜
白鳥庭園 しだれ桜
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ