プロフィール

エース12

Author:エース12
エース12のブログへようこそ。
脳幹出血で倒れて17年経ちました。
車椅子生活で、リハビリをボチボチやりながら毎日のんびり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

シスター

私には、シスターの友達がいます。
シスターは、アメリカのマラソンで有名なボストン出身で、私が倒れてから約15年間も時々来て話し相手をしてくれています。
シスターは、50年前にカトリック教会のシスターとして来日しました。
うちの娘より若い年齢で、親元を離れ遠い異国の日本へ来たかと思うと、私なら絶対反対するでしょう。
人生の殆どを異国の地日本で過ごしました。
来日する時は、アメリカにお付き合いしていた彼がいたそうで、来日する為に彼氏と別れたそうです。
何がシスターの心を動かしたのか?理解できません。
そのシスターが、70歳にして急に母国のアメリカに帰ることになりました。
最後まで日本にいると思っていました。
今度は、ニューヨークで後輩を育てる仕事をするようです。
日本には、シスターになるという人がいなくなったそうです。
1年間は、ニューヨーク勤務だから、その間に私達家族がニューヨークに行きシスターに会おうと話が盛り上がっています。
妻も、「シスターがいるなら、大丈夫かも」と言っています。
子供達も賛成しています。
問題は旅費ですね。(笑)

シスターは、時々変わった日本語を使います。
日本語は、少し苦手のようです。
何年か前、私の英語の先生を無償でやってくれると言ってくれ、私がシスターの使う日本語の変なところを直してあげようということになりました。
私の、いいリハビリにもなります。
私が英語を習ったと言っても、シスターは日本語を話すし、シスターと会った時には世間話ばかりで、何にも英会話の進歩はありませんでしたが(笑)
シスターは、名古屋の国際センターで来日した外国人の世話をしたり、刑務所などに慰問もしたり、ニューヨークの国連によく出張で行きます。
オバマ大統領にも、メールしたことがあるそうです。
英会話は、単語を並べておけば何とかなると思いました。
シスターの妹さんの娘さん達がお見舞いに来てくれた時にも、何とかなりましたから。
8月20日過ぎに、アメリカにたつそうです。
最後に会った時は、少し淋しかったですが、また会えると思うのでアメリカでのご活躍を楽しみにしています。
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ