プロフィール

エース12

Author:エース12
エース12のブログへようこそ。
脳幹出血で倒れて17年経ちました。
車椅子生活で、リハビリをボチボチやりながら毎日のんびり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

鶴瓶の家族に乾杯

1月20日、NHK放送の「鶴瓶の家族に乾杯」に約24年前に結婚式をした佐世保の教会が映りました。凄く懐かしかったです。
鶴瓶と速水もこみちが旅をしていました。
佐世保と名古屋で披露宴をし、新婚旅行はニュージーランドに行き、考えてみればあの頃が一番幸せだった様な気がします。
あの頃は何の障害もなくて、現在の自分とどちらが幸せだったのかな?と考えていますが、自分にもよく分かりません。
脳幹出血を起こした時、死ぬかもしれなかった人間が、今現在約14年も生きています。
教会で結婚式をした時、神父様が私達に誓いの言葉を言わせるのを忘れて、次の日に神父様の住んでいる司祭館まで行き、言わされたのを思い出しました。
神父様として、信じられない失態ですよね。
その神父様は、葬式の途中に自分が倒れて、救急車で搬送されてお亡くなりになったらしいです。
披露宴は、佐世保で一番大きい(九十九島観光ホテル)という場所でしましたが、確か前日に大きな台風が上陸し、キャンドルサービスの時ホテルが停電になり、真っ暗の中でキャンドルサービスをやりました(笑)
その日はフランスから、初めて長崎空港にコンコルドが来たらしく、道が渋滞していて名古屋から来たお客さん達は、船で空港に行きました。
今では本当に懐かしい良い思い出です。

教会

結婚式
(平成2年9月撮影)
スポンサーサイト

<< 卒業 | ホーム | 2014年 >>


コメント

佐世保の教会

見ましたよ。番組。
島の名前は忘れましたが
島の住民のほとんどがクリスチャンと
聞き驚きました。

エース12さんは懐かしい幸せな思い出が
佐世保におありなのですね。

神父さんの話。愉快ですね。
亡くなられたのは愉快ではありませんが。

変わらぬエース12さんのユーモア溢れる生活態度は
キリスト教と言う強い教えがお有りなんでしょう。
いつも私もユーモアを頂いています。
有難うございます。

もうひとこと

脳幹出血で倒れる前と今とどちらが幸せか?
難しいですね。

●世間的に見れば前が幸せ。
●幸せの内容が違ってきたかもしれませんね。
どんな小さなことでも感謝できるようになったのも幸せ。
●障害を持つ人の生活を経験出来ていること。
二つの人生を経験できたこと。
これらが今の幸せですかね。

まあ、人の心の持ちようがその人の幸せを決めるのでしょう。

たんぽぽ様
こんにちは。
コメントありがとうございます。
番組、見ましたか?
島の名前は、九十九島だと思います。
浅子は島のようですけど、地続きなんですよ。
陸の孤島、みたいなものですが。
テレビに映った人達は、あんな顔していたっけ?という人達ばかりでした。
なんとなくは分かりましたけど、みなさん年取っていましたね。
ユーモアだという話は、そのまま書いたままで、ネタじゃないですからね(笑)

たんぽぽ様
どちらが幸せか?ですけど、今では少し考えが違ってきたのか、障害者の今が色眼鏡で見られたり、妙に偏見を持たれたり、変に気を使い過ぎたり、あえて言えば少し嫌かもしれませんね。何かにつけ、不便に感じます。
昔は悟りを開いたみたいに、今の障害を受け入れたみたいに強がり言っていましたけど、障害者では世間に受け入れられないし、仕事だってするのが難しいです。
現在私は54歳で、5月で55歳になりますが、60歳過ぎておじいさんになって、子供達の孫と遊びたいというのにも興味が芽生えてきました。
しかし、不便が不幸せではないですからね。

 エース12さん、こんばんわ。
自分もよく考えますよ。どっちが・・・って。
中々答えは出ませんが、以前の自分はもう終わってます。
今いるのは、障害を持った自分です。「生きてれば、楽しい事もあるよ」って、何もホントに何もありません。
だから、自分はあそこで終わりでよかったのに・・・と思います。そうすれば他の人の負担もないのにって。
正解なんてずっと分からないんじゃあ。けど、一つだけ言える事は、自ら命を絶つのは不正解だと。

モンタン様
こんにちは。
コメントありがとうございます。
どっちがいいか、答えを出すのは難しいですね。
あの時の自分は、もう終わってしまったんだと、今頃になって割り切って考えられなくなったんですよね。
やっぱり、モンタンさんみたいに考えなければいけないのでしょうけど。
最近、悪あがきしています。
人に嫌われても、迷惑になっても生きていくつもりでいます(笑)

塞翁が馬

エース12さん、おはようございます!
神父さんとて人間、かえって記憶に残る結婚式に
敢えて、誓いの言葉を単なる儀式としてではないものに
してもらえたのですから…。停電も、最高な演出。
塞翁が馬ですね。
私は、絶対に自由に歩ける方が良いと思います。
それは、幸不幸とは次元が違うと思っています。
受傷前の自分とは、比べまいとは思うのですが、今の無理です。

URLをクリックして下さい。きっとお好きだと思います♪
私も、3年前くらいから、コブクロ好きになりました。

黒鯛一直線様
こんばんは。
コメントありがとうございます。
今ショートステイから、帰ってきました。
返事が遅くなり、すみませんでした。
結婚式は、色々な意味で昨日のことのように、憶えています。
キャンドルサービスの時、照明が消えて一瞬何が起きたのか、分かりませんでした。
私も自由に歩けたほうが良いですけど、もう仕方ないですね。
コブクロ、ありがとうございます。
コブクロって良い曲作りますよね。

すっごく素敵な教会ですね!
ウェディング・ドレス姿のコスモスさん、
きっと美しかったでしょうね〜v-10
(あ、イヤイヤ今もお美しいとは思いますが。^^;)

私も、カツが病気になる前の自分達の写真を見ると、
あの頃は幸せだったなぁと思います。
でも病気になってなければ多分、離婚してた気もします。v-403
比べるのは難しいですね。

sally様
こんばんは。
コメントありがとうございます。
教会はクリスマスの時期には、イルミネーションが点いて、地元の恋人達のちょっとしたデートコースになっているらしいですよ。
地元では、テレビとか新聞とか有名な雑誌で、紹介されたらしいです。
sallyさん達に神様が二人が協力していくように、わざと苦しい人生を与えてくれたんですね。
うちも同じみたいです。
あの頃の妻は痩せていていました。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム