プロフィール

エース12

Author:エース12
エース12のブログへようこそ。
脳幹出血で倒れて17年経ちました。
車椅子生活で、リハビリをボチボチやりながら毎日のんびり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

思い出

私は母方の親戚とは特に仲が良かったです。
母は4人姉妹で、今は母の妹の二人のおばさんだけになってしまいました。
いとことは幼い頃から、兄弟姉妹みたいに育てられました。
幼い頃夏休み、冬休み、春休みになるとお祖父さんの家に必ず集まっていました。
そしてよく遊んでいました。
私は田舎の子でしたから、私より都会から来たいとこがすることをよく真似したものでした。
都会から来たいとこが夏休みの時「セミをとって来て。」と言うので、いっぱい採って見せると驚いて見ていました。
あれから、約50年経ってしまいました。
今は、もう集まることはないです。
時々の連絡や、年賀状の「やりとり」だけになりました。
中でも母のすぐ下のおばさんの子供の長男は、幼い頃から頭が良く、とても優しく頼れる兄さん的な存在でした。
私が倒れて入院した時も、真っ先に遠く長崎からおばさん2人を連れて、名古屋まで見舞いに来てくれました。
私が高校生の頃、その兄さんがアマチュア無線をやっているのを見て憧れ、プロの通信士を目指しましたが途中で挫折しました。(笑)
兄さんは、免許や資格をとるのが趣味みたいで、仕事がNTT西日本なので電気関係の免許や資格が多いですが、中には全然関係のない、行政書士、宅地建物取引主任者やガソリンスタンドを経営できる免許や、学校の先生の免許など50種類以上が名刺の裏に印刷してありました。
私は高校生の時、確か電気工事士の試験で、課題に出された電気工事の配線を短く切り過ぎて、自分のポケットに隠し持っていた電線をヒヤヒヤしながら出して使い、合格した思い出があります(笑)
スポンサーサイト

<< 自動車運転免許証 | ホーム | 明けましておめでとうございます >>


コメント

徳一さん

ご無沙汰しています。
お元気そうで安心しました。

今年の年末年始は北海道にいました。
故郷は良いですね。

徳一さんの文を読んで、子どもの頃を思い出しました。
私は山の子、徳一さんは海の子でしょうかね。
子供達は名古屋が故郷になります。
私たち位の年齢になったらどんな事を思うのかなぁ〜。
少なくとも、自然の豊かさやイトコとの思い出はなさそうです。




mulan様
こんばんは。
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。

今年の年始、北海道ですか。いいですね。
北海道はまだ一度も行ったことないので、死ぬまでに、一度は行ってみたいです。
いいでしょうね。
美味しい物が、沢山あって・・・どうしてもそちらの方に行くなぁ。

私は海の子だけど、すぐ後ろは山でしたからね。
何にもない所でした。
私も今年は田舎に帰りたくなりました。


資格

エース12さん。お元気そうですね。
いとこさん。NTT西日本!お世話になっています。
そう。資格がある人は驚くほど持っていますよね。
資格をマルク取れる人は羨ましいです。

隠し持っていた電線を使った試験の話。エースさんらしく
笑いましたよ。


たんぽぽ様
こんばんは。
コメントありがとうございます。

免許を50種類以上持っているので、いとこは免許を取るのが趣味だと思っていました。
ブログを書いた後に分かったことですが、沢山の免許を取ったことは、趣味ではないらしいです。何でもやってみたい、好奇心らしいです。やらねばならぬーーと思ったらしいです。
自分のいとこのことを言うのもなんですけど、長崎は勿論九州全体から頼りにされていて、社内誌にも いとこのことが記事になったみたいです。
東日本大震災の時も、通信手段の確保のために第一陣として行き、不安定な電波状況のなか、各地で活躍したらしいです。
電気工事士の試験の時は、ドキドキしました。
横で試験を受けていた、普段仲の良い友達に「電線を切り過ぎた。」と小声で言ったら、「ウルサイ!」と怒られました(笑)

 エース12さん、こんばんわ。
オレの両親、兄貴、共にもう既に此の世にはいません。唯一血縁関係のある妹は、郷里の方にいますが、その旦那は一昨年の12月に仕事中に不慮の事故で帰らぬ人になり、妹は嫁いでた旦那とは離婚という形をとり、3人の子を連れ今は4人で暮らしてます。
オレは以前から、凄く悪運みたいなのが強いみたいで、それを強く意識し出したのは、まだオレが小学生ぐらいの時で、当時はまだ実家は旅館をやってて、ある日泊まった建設関係の人が、忘れ物をしたんです。3センチぐらいの細い筒状の両端から、豆電球の様に金属の線が出てる物でした。好奇心でポッとあった電池に繋いでみたんです。すると、何も起こらないんで、隅に置いた様な記憶が。次すぐにオレの真後ろで、兄貴が同じ様にやったんですね。そしたら「バーン」という音と共に振り返ると、血まみれの兄貴がいるんです。どうやら、オレが繋いだ電池はきれてた様でした。その時から、なんとなく思ってたのを確信に。
まあどうでもいい話ですが、生きてるうちに絶対に思った事をやった方がいいと思います。親や兄弟には絶対に。余計な後悔は作らない方がねえ。

モンタン様
こんばんは。
コメントありがとうございます。

血の繋がった人は妹さんだけなんですね。
モンタンさんの妹さん大変でしたね。妹さんお元気にやってますか?
自分は弟妹が7人いますが、離れているからなかなか会うことがないです。
両親が死んでからは、なかなか長崎に帰れませんね。

こんな体で、この年から「もう一旗」とまじめに思っていますよ。
その時は、モンタンさん、力を貸してくださいね。
何か儲け話が、転がってないですかね。
こんなことを考えているのは、昔から変わっていません(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム