プロフィール

エース12

Author:エース12
エース12のブログへようこそ。
脳幹出血で倒れて17年経ちました。
車椅子生活で、リハビリをボチボチやりながら毎日のんびり生活しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーション

最近、他の利用者さんが声をかけてくれます。
以前は構音障害があるので、あまり話しかけられもしませんでした。
お年寄りは、文字盤も難しいのでなかなかコミュニケーションがありませんでした。
最近お年寄りの方から話しかけられるので、そう知らん顔もできないのでなんとか少しですけど喋っています。
それもこれも、家での言語自主トレの成果かなぁと思います。

一つ気になるのが、他の利用者さんから哀れみを込めて「頑張れよ!」とか「若いのに大変ねぇー!」と言われている気がしてなりません。
気持ちは嬉しいですけどなんか複雑です。
私に対して激励してくれるということは、私ってそんなに大変そうに見えるのですね。
食事の時は、心配してかよく手を出して助けてくれます。
ジミーちゃんのギャグじゃないけど、「お前も頑張れよ!」と言いたくなる時もあります。

言語のリハビリ

言語のリハビリをあまりやらなかったら、家族から言っていることがわからないと言われてしまいました。
自分でも最近、口が重く言いたいことが伝わらないような気がしていました。
練習をしないと、すぐ退化してしまうことがわかりました。
実は最近、言語のリハビリをやれる施設を週2回から1回に減らしていました。
今まで、言語が退化することはありませんでした。
言語の先生は、若いいつも同じ嚥下体操ばかりやる人に変わりました。
家族に言われた事を、言語の先生にも話しました。
「私の言語は、退化していない。むしろ現状維持している。」と言っていましたが、先生のせいではなく回数を減らしたためだと思います。
言語が退化していることを、人のせいにはできません。
自分の身は、自分で守らなければいけないと痛感しました。
自主練習を家でもやれるように、いつもやっている口の体操を書いたプリントを貰えるようにと先生に頼みました。
これからは人任せにせず、家で自分ができるリハビリはやっていこうと思います。

秋になると

毎年お月見の時期になると、マクドナルドの月見バーガーを食べるのが楽しみです。
ショートステイの前か後、それか病院の診察からの帰りにすき家のキムチ牛丼かハンバーガーが食べたくなります。
ショートステイの食事が老人向きだからでしょうか。
家族が焼肉や回転寿司を食べに行っても、すき家かマクドナルドを買ってきてほしいと頼みます。
なぜか何よりも食べたくなるのです。
妻が「ほんとにそれが一番食べたいの?安くつくね。」と言います。
好きだから、仕方ありません。
先日、チーズ月見バーガーを3個(私は2個です)注文して家に帰って中身を見たら、3個とも肉のハンバーグが入っていません!
ベーコンぐらいなら我慢できますが、メインがなくちゃねー。
早速店に電話したら、すぐに慌てて家まで持ってきてくれました。
まぁ当然といえば当然ですが(笑)
チーズ月見バーガー


先日娘が東京に遊びに行き、美味しいババロアを土産に買ってきてくれました。
夕飯のデザートとして、美味しく食べました。
ババロアに花が入っていました。

ババロア

夏祭り

今年も、ショート中に夏祭りの催し物が行われました。
唐揚げ、フランクフルト、わらびもち、ハヤシライス、焼きそば他の屋台が、沢山並んでいました。
妻は毎年の事なので、今年はサランラップも持参していました。
ビールは、トロミでアワアワになっていましたが、頂きました。
この施設は、利用者のために夏祭りを一生懸命にやってくれます。
準備は大変だと思います。
私は数か所施設に通っていますが、一番気前がいいなぁと思います。
利用者は勿論のこと、利用者を介護しているその家族、施設の近所の人などが沢山来ていました。
地域に根差した施設であることは、重要なポイントだと思います。
室内では女子職員さんのAKB48のダンス、いつも一番前のかぶりつきで見ています(笑)
職員さんに、若くて元気な人達が多いのも理解できるような気がしました。
高校生のグループのボランティアも来てくれて、踊ったりして盛り上げてくれました。
盆踊りもあり、楽しかったです。

さて、盆踊りを楽しんで家に帰った次の日7月26日未明、相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」に男が侵入し刃物を持って暴れ、寝ている障害者等19人を殺傷しました。
他にも怪我人が多数いて、重症の人もいるそうです。
容疑者は、当時19人も刺殺しておいて身柄を確保された警察署の取り調べに対して、「障害者なんかいなくなればいい。」とか「障害者を殺したことを、後悔していない。」と話しているそうです。
この事件を詳しく知るたびに、胸が痛くなってきました。
私だって、なりたくて障害者になった訳ではありません。
犠牲になった人は、そういう人が殆どだと思います。
私は生きていれば、楽しいことだってあるかもしれないと思っています。
容疑者に、他人の人生を断ち切る権利はありません。

犠牲になられた方に謹んでお悔やみを申し上げます。


1469460372074.jpg

1469460358955.jpg

アクア・トトぎふ

ゴールデンウィークに、娘の新車に乗せてもらい、妻も一緒に岐阜県にある世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふに連れて行ってもらいました。高速で行ったので、50分ぐらいで現地に到着しました。
駐車場が満杯で2周ぐらいしてから、障害者用の広い駐車場に停める事ができました。
車に乗せてもらうために娘が出した条件として、私が帽子をかぶることでした。
私の髪の毛が薄くて、助手席に乗せるのが恥ずかしいからでしょうか・・・
良いように考えると、その日は晴れの日で髪の毛が少ないから直接太陽が当たらないようにとも考えられました(笑)
まぁ、良いように考えときましょう(笑)
普段から帽子を全くかぶらないので、息子の帽子をかぶってみたけどどれも似合いません。
なんとか私に合いそうな帽子をかぶりました。
水族館は、混んでいました。
普段名古屋港水族館に慣れているので、ちょっと規模の小さい水族館に思いました。
アマゾンの大きな魚もいたので、結局清流のあまごなどより、アマゾンの大きい魚を見る時間が多かった気がします。
アシカのショーもありました。
1アクアトト

アクアトト2

アクアトト3

アクアトト4

最後に全く違う話ですが、5月12日57歳の誕生日でした。
あと43年しか人生が残ってないなぁと思いました。
「いくつまで生きるつもり?」
と、何処からか聞こえてきそうな気がしました(笑)
IMG_2676.jpg
(妻が56歳と間違えていました。ローソクが1本足りません)

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。